夜から朝へ

7月上旬の夜明け前。朝4時頃。
(画像では点に見えるが)明けの明星が輝いている。

この頃の御来光(日の出)の時間はだいたい4時半頃である。
が、そのかなり前から、東の空は明るくなる。
最初は水平線上から次第に、帯のように。
気がつくと夜の世界から朝の世界へと、グラデーションがかかっている。
地球が自転しているということを感じられる。

そして、夜が明ける。

2004年7月9日。

b0034578_0394855.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-11 00:57 | 富士山(本八合目3400m) | Comments(11)
Commented by argon-l at 2004-10-12 23:43
なああああ!
これ、すごくいいですねぇぇ!!
僕、御来光してみたいのですよ。
来年やろうと友達誘ったら、あっさり断られました・・・(_ _。)・・・シュン
Commented by kenpyan4 at 2004-10-13 02:16
山小屋で働いていると、そりゃもうたくさんの人が来ます。
が、普段の自分の周囲のひと達って意外と富士山に登ったことがなかったりします。
来年までに色々な友達を誘い続けるべきですね。そして粘り強く説得しましょう(笑)。
Commented by argon-l at 2004-10-14 00:00
> 山小屋で働いていると、
ええ?もしかして富士山のところで働いてるんですか?
もしそうなら一人で行ってもkenpyan4さんがいるんで寂しくないですね!(笑)
Commented by kenpyan4 at 2004-10-14 18:56
そのとおりです、夏だけの季節労働者やってます。
よくいえばリゾートバイトとも(笑)。実態はすごいもんです・・・。
来年のことはわかりませんとか言いながら、もう10年以上も夏の富士山に行っております。自由人だったら、きっと来年もいることでしょう。
Commented by finalizer324 at 2004-10-14 22:18
はじめまして。さまよってきました。
これ富士山で見られるんですか?
すごいの一言です。
こんなん実際の目でみたら、
人生観変わるんやろうなあ〜。
死ぬまでに1度は登ります。必ず!!
また遊びに来ます!
Commented by kenpyan4 at 2004-10-15 00:25
finalizer324さん、こんばんは。
そうです、富士山で見られるんですよ!これ。
登りましょう来年!
他にもドライブじゃ見れない夜景だとか、雲が下にあるだとか、シルクロードの砂漠を連想させる頂上の噴火口一周の旅だとか、日本で一番高い所に立つだとか、頭のタオルと無精ひげのうっとうしい山小屋従業員(笑)などがfinalizer324さんをお待ちしているハズ・・・です♪
Commented by HamaPuchi at 2004-10-16 00:51
finalizerさん経由できました。
ス晴らしい色ですね。
自転している地球の昼と夜を、このグラデーションが繋いでいるかと思うとゾクゾクしてきます。

リンクさせていただきました。
Commented by izola at 2004-10-16 01:48
はじめまして。
私もfinalizerさん経由できました。
本当に美しい写真ですね〜。
静かに癒される感じ。

旅してるとたまにこういう恐いくらいの美しい光景を目に
する事がありますが、それを写真に納める事ができる人は
幸せですね。

また遊びにきます♪
Commented by izola at 2004-10-17 00:30
追伸/リンク貼らせていただきました♪
Commented by kenpyan4 at 2004-10-19 00:16
>HamaPuchi さん
コメントありがとうございます♪
そうですね~、御来光時に東の空に太陽が現れた時も、まだ西の空は夜なんですよね。
同様に、夕暮れの時にも西の空はまだ夕焼けが残ってるけど、東の空には星が光ってるんだなぁ~なんてことを、ぼぅっと考えてしまいますねー。
個人的に、文明でも自然でも「さかいめ」が好きなので、こういった風景もそれが感じられるので、好きなんですよ。
Commented by kenpyan4 at 2004-10-19 00:27
>izola さん
訪問ありがとうございます~♪
実際に富士山でこの光景をみているときは、非常に強風であったり、とっても寒かったり、お客さんがたくさんだったり(!)することもあるのですが、時々は平日でお客さんもなく、気温も高く(山小屋の外に出ても寒くない程度)、無風なんて時もあります。
そんな時は、本当に静かに、静かに夜が明けていって、心から美しいと思えますね。
<< 光臨 寒暖 >>