<   2004年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

影富士

暮れなずむ空。

水平線の空遠く、富士の影が伸びていく。

2004年8月5日。
b0034578_23434351.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-31 23:51 | 富士山(本八合目3400m)

きらめき

鏡のような湖上に、風と光のきらめき。

本栖湖。2004年10月29日。
b0034578_2020376.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-30 20:34 | 富士山

紅葉

同じく、滝沢林道。道沿いの紅葉。

2004年10月28日。
b0034578_192527100.jpg

初めて縦位置の画像をアップしてみたのですが、大きめにアップされるものなんですねー。
[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-28 19:34 | 富士山

秋半ば

先日に引き続き、この秋2度目の雪化粧。

七合目上くらいから、はっきりとわかる冠雪。

滝沢林道。2004年10月28日。
b0034578_18342257.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-28 18:44 | 富士山

厳冬期。富士は山麓まで雪と氷に包まれる。
氷河期もかくありや・・・

とまでいうのは、さすがに大げさなのですが(笑)。
富士北麓の冬の寒さは厳しいですが、極地ほどではありません。


この場所では、冬、人工的な樹氷を作っている。
その樹氷と富士山との風景は、多くのカメラマンの被写体となっている。

足和田村・野鳥の森公園。2003年1月10日。
b0034578_0182451.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-26 00:35 | 富士山

日本の夜明け

多くの登山者が富士山に来て最も気にするであろうこと。

それは朝、御来光を見ることができるのか、どうか。

前日登ってきて小屋に泊まり、未明に頂上へ向かった人も。
同じく小屋に泊まり、ここで日の出を待つ人も。
夜通し登ってきて、ここでちょうど日の出の時刻になった人も。
上の小屋のひとも、下の小屋の人も、従業員も、この一瞬。

御来光、万歳。

2004年7月11日。
b0034578_23481858.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-23 00:00 | 富士山(本八合目3400m)

初冠雪

夕暮れ、富士山に雪が見えた。

台風が通り過ぎると共に、冷たい空気が流れ込み、雨が止む前に雪に変わったという。

富士吉田市上吉田。2004年10月21日。
b0034578_16344614.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-22 16:46 | 富士山

富士の子供たち

今日のことばfinalizer324さんのblog。月の位置(月齢?)によっては、実際にこのようにみえることもあったかと思います。綺麗に描いていただいてあって、ありがたいことです。


精進湖北岸よりの富士を、「子抱き富士」という。
富士山に、側火山である大室山が抱き込まれてみえることからこう呼ばれている。
富士山には、大室山の他にも多くの側火山があり、その数は大小70以上もあるといわれている。その多くは北北西-南南東の方向に並んでいるため、富士山はその方向に伸びた形であるという。

2004年10月15日。

b0034578_1285889.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-19 01:41 | 富士山

残光

今日、久々に陽の光が差した。

日がどんどん短くなっていく季節。
午後4時過ぎ、太陽は早くも富士山の影に沈み、山体西側から空へと伸びていく残光。

滝沢林道。2004年10月14日。

b0034578_210117.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-14 21:22 | 富士山

流れくる雲

富士山の綺麗な写真は数多い。
だが、日々ずっと雲ひとつない風景が続いている・・・という訳でもない。

この日は、晴れていたが、風の強い日だった。
富士山は次々と流れくる雲に覆われ、時に隠れ、また現れる。

富士吉田市上吉田。2004年9月21日。

b0034578_1614096.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2004-10-13 16:30 | 富士山