海の貴婦人

ずっと海を見てたっけ。

都内・某町工場内にて。2005年11月24日。
b0034578_0212413.jpg




b0034578_04541.jpg
さっきNHKニュースを見てたら、思いがけずでてました。
「海の貴婦人・復活」と。
”海の貴婦人”とは、練習帆船「海王丸」  (Ⅱ世)のことです。

【参考URL】
海王丸、お色直し

独立行政法人・航海訓練所

ウィキペディア(Wikipedia)「海王丸」







以前にちょっとふれましたかね、都内での修復の仕事。
それはこの海王丸に関わるお手伝いなのでした。
写真は金箔を貼っている頃。 2005年12月12日。


海王丸には、船首像というものがあります。
今回はこの船首像の修復をしてたんですね。
で、私はそのお手伝いをしていたという訳です。

海王丸の船首像とは、船の先にいる、横笛を吹く女のひとの彫刻です。
「紺青」と名づけられています。
(ちなみに、海王丸には姉妹船として日本丸があり、こちらにはお姉さんにあたる「藍青」という船首像があります)

昨年の事故の際、3つに割れて海の底に沈んでいたという、このおてんばな妹さん。
(海王丸は姉の日本丸に比べて、性能が高く速力も出る。そのかわり?事故も多いそうです)

年末、町工場の2階で金色に輝いてたっけ。
修復前の写真を見せてもらいましたが、とてもこれがこう綺麗に復活するとは!って感じでした。
大きな大きな木彫(木の彫刻・たぶん2メートル以上)なんだけど、やっぱり船に取り付けられるとちっちゃいね。
テレビにちゃんと映ってました。



とりあえず無事に復活して、よかったなー。
ちょっとでも関われた者としては、やっぱり嬉しいですね。


作業する先生と、それをまるで手伝っているかのような(笑)私。2005年11月25日。
b0034578_0314634.jpg

[PR]
by kenpyan4 | 2006-01-06 00:57 | 仏像
<< ここからも 蒼の氷。 >>